河原 祥吾
#14

企画本部 経営企画部

河原 祥吾(入社12年目)

企画

人と人のつながりを
第一に考えて

現在の業務紹介

経営企画部で働いています。 主な業務は、会社の経営状況を分析し、今後の経営戦略を計画し、会社の方針を策定する等会社の舵取りをしています。また、社員の技術的な研修計画や新入社員研修についても所属部署で対応しています。とても重要なポストです。といっても私は、今年の6月から配属されたばかりで、まだまだわからないことだらけです。37歳となってこのような重要なポストにつけて大変光栄ですし、身が引き締まる思いです。体型は太っていますが・・・(笑)。 私は『楽しく仕事がしたい』その一心で毎日会社にきています。楽しく仕事をするためには、ある程度の知識も必要ですし、周囲からの支援も必要です。何よりプライベートも充実しないと楽しめないと思います。今は総勢600名の社員の皆様と少しずつですが、関わり合えることがとても楽しく、毎日新たな発見ができ、とても充実できています。

社会人になって気づいたこと

社会人生活15年を迎えますが、最近よく考えるのは、当たり前についてです。今、私は25日の給料日をあてにして、毎月お金がふりこまれる状況に慣れが生じているということにふと気づきました。給料をいただいているということは日頃の会社への貢献度合いの見返りなのだと改めて考えさせられました。このことを当たり前と思うのではなく、Give&Takeの精神を忘れずに、更なる高みを目指すことが大事だと考えます。

河原 祥吾
河原 祥吾

異動に際し、 どんなモチベーションでしたか?

今回の異動では、2人からの業務を引き継ぎました。引き継ぎ期間は2日程度だったため、異動後、いろんな人に助けてもらいながら仕事をしようと考えました。私は『ワンピース』という漫画が好きで、特にその中でも、主人公のルフィという海賊の船長が発する『おれは剣術を使えねぇ、航海術ももってねぇ、料理もつくれねぇし、ウソもつけねぇ。おれは助けてもらわねぇと生きていけねぇ自信がある』というシーンがすごく好きです。これだけみると、否定的な意見のように受けとられますが、実はこれがイノベーションなのだと私は考えます。自分のできることできないことを認識し、それぞれで相互にフォローし合い、目標を達成していく。仕事を進める上で、その事が大事だと思います。できないことはあるけど、諦めずにやり遂げる気持ちを胸に、異動してきました。

テクシアならではの魅力は?

30年前、私がまだ小学生の頃、改札に駅員さんが立っていて、切符を切ってもらった記憶がまだ残っています。そんな時代から今は、改札機が設置され駅員さんの役割も変化しています。乗車時間や遅延時間は駅の表示機器やスマホから一目でわかり、スマホで乗り換え案内までしてくれる時代です。今後30年先の未来はどうなっているのでしょうか。現在実現可能な技術や今後創出されるであろう技術を駆使し、これからの未来社会に貢献できる取組みができるのは、駅の発展と共に共存してきたテクシアの魅力だと思います。是非一緒に未来への一歩を歩んでみませんか。

学生へのメッセージ

現在は会社が学生を選ぶ時代ではなく、学生が会社を選べる時代です。そのことをよく考えて、活動することが大事だと思います。また、大きな会社ほど自分が手を動かして、汗水流してモノをつくるようなことはなくなります。大半は実際にモノをつくるのは、職人の方に弟子入りするか、工場での業務になると思います。実際にどういった業務を行い、会社や社会に貢献している自分の姿を、ぜひ想像してみたうえで活動に取り組んでいただけるとより良い結果につながるのではないかと思います。違ったらごめんなさい(笑)

同じ部門の先輩社員

企画分野
で活躍する先輩社員

  • #14企画本部 経営企画部

    河原 祥吾

    (入社12年目)

    詳しく見る

  • #15企画本部 人事部

    斉藤 広香

    (入社14年目)

    詳しく見る